[ 現在位置 ] 派遣社員マニュアル派遣社員の休暇 > 有給休暇はもらえるの?

有給休暇はもらえるの?

派遣社員イントロ はい、派遣社員でも、もちろんもらえます。 会社によって有給、年次、年休と呼び方は違いますが、年次有給休暇は派遣社員にも下記の2つの条件を満たしていれば給付されます。

  • 同一の派遣会社から6ヶ月以上継続して勤務していること
  • 労働日の8割以上出勤していること

 これらを満たしていれば、その6ヶ月過ぎた時点から10日間の有給休暇が与えられます。それ以降は1年ごとに1日ずつ加算されていき、最高で20日まで与えられます。

 これは、派遣特有の1ヶ月や3ヶ月といった短期間の雇用契約であっても、同じ派遣会社から継続して契約されたものであればきちんと有給休暇が与えられるよう法律で定められている労働者の権利です(労働基準法第39条)。労働基準法以外にも各派遣会社の規定の有給休暇がある場合もありますので確認して下さい。

 日にちや日数は業務に支障をきたさないよう、(当たり前ですが)派遣先の上司や一緒にお仕事をしている人たちに相談して決めます。

休暇の取り方

 まず派遣元の担当者へ連絡してから、派遣先に相談・許可をもらうというのが基本です。派遣会社や派遣先によっては前もって“有給休暇”であることを連絡しておかないと、有給休暇として認めてもらえず欠勤扱いになることもあります。

 これは法律上も文句は言えませんので気をつけましょう。私の場合は派遣先の上司に休暇の許可をとってからタイムシートへの記入をもって派遣元へ報告でもOKでしたが、派遣会社によって規定が違いますので確認しておいた方が確実ですね。

 また中には、忙しくて有効期限内にとり損ね、消化できなかった有給休暇を清算してくれる派遣会社もあります。私は長く勤めた派遣先がとても理解があり、残った有給休暇が消化できるよう実際の退職日から余裕をもって契約期間の終了をしてくれたことがありました。そのときの派遣元では有給の清算はしてもらえなかったため、派遣先が配慮してくれたのです。相談はしてみるものですね。

 とはいっても職場の雰囲気や言いづらい相手の場合もありますので、できるだけ有給休暇は有効期間内にとるようにしましょう。与えられた立派な権利ですし、派遣という時給で働く人たちにとっては特に1日分のお給料をもらい損ねるなんてもったいないですもんね。

 2017年10月17日現在の派遣の仕事と求人情報

アデコ 当サイト申込数1位
「今後もこの派遣元から働きたい」で第1位。紹介予定派遣の案件も。

リクルートスタッフィング
圧倒的な知名度と実績、大手の求人、福利厚生、サポートも充実